次の30日

プランクチャレンジ、はじめました。プランクとは、

こういうやつ。思いの外つらい。最終的には5分間キープとのこと。今日は三日目で、30秒でした。

あずきカイロの作り方

 

あずきカイロ、手軽に作れる割に良いものです。

目や肩の疲れが少し取れるし、お腹痛い時はお腹に当てて、寒い時は暖かく。繰り返し使えるし。

あずきを買うときに、一瞬(ちょっと高い…)と思うけど、ぜひ作ってみてくださいな。

2018/06/24 スクワット30日チャレンジ完了

ルールおさらい

初日50回からスタートし、一日につき5回ずつ増やしていく。
3日やったら、一日休み。というシンプルなものだけど、じわじわ回数が増える。

どうだった?

やってるうちに、どんどん楽しくなってきた。何かを続けてるという自信がついてくるのと、動くのって楽しいんだな、と発見できた。体育は苦手だったけど、フィットネスならいけるんじゃないか、楽しいんじゃないかと思い始めた。
しかし回数が増え、100を超えだすと、辛いというより、面倒臭さを感じだした。やり始めれば出来るし、楽しいんだけれど。このままスクワット続けていくとしたら、面倒くさく感じないラインで設定するといいかも。

効果は?

お腹周りがちょっとスッキリした。ジーンズの太もも部分にゆとりが感じられる。痩せるのが目的ではなかったけれど、痩せた。体重は変わっていないけれど、見た目には変化が出た。
あと、上にも書いたけれど、体を動かすのたのしい。30日チャレンジ、完遂できるんだ!と驚き。自分の中にも変化が出たように思う。

今回できた理由と、今までできなかった理由の考察

  • 今回できた理由
    する事が単純、短時間、明確なルールがあった。隙間時間にできるのよかった。
    子供がいてもできる。すると偉いと褒めてもらえる!自分でも良いことしている気がする。
  • いままでできなかった理由
    ルールが明確でない。絵を描くなど、時間がかかることだった。何描こうかなー、みたいな考える作業が意外と時間がかかりたいへんだった。あと、子供がいるとなかなかパソコン開けない。

考えなくてもできる、ルールが明快、あまり時間がかからない と続くのかしら、と感じました。

今後、次の30日は?

やってみたい事をリストアップしてみた。
・プランク
・クロッキー
・写真を撮る
・食事の写真を撮る
・はがきサイズの絵を描く
・カフェイン抜き
・マインドフルネス
・切り絵
・短歌
・フォトフライデーに参加

運動が楽しかったので、次はプランクに挑戦してみようと思う。
鍛えたかった骨盤底筋などに効くらしいこと、姿勢や肩こりにも良さそうということでその点を期待して。

ただ、自分の目標、こうありたいという事を明確にして、それにそってチャレンジを重ねていくほうが良いんだろうなあという気もしていて、次の30日はそういうことも考えながら過ごそうかなあと思う。平行して違うチャレンジもやれるのでは??と思ってしまうけど、あまりやること増やすと挫折してしまいそうな気もするので、一個ずつ確実にやっていこ。

スクワットチャレンジday7

続いてる。続いてるよ!7日目かな?今日は75回。

30回くらいなら続けてできるその先は苦しいーって言いながら。特に体の変化とかは流石にまだ感じないけれど、達成感があるので楽しい。これはたのしいし、なにか目標を続けるって、自信になりそうだなと感じた。この調子で楽しんでいけたらいいなあ。

スクワットチャレンジ day2

2日目。5回増やして55回のスクワットをした。

つづけて55回やるのは到底無理で、何回かに分けてやった。慣れてきたら続けてできる回数も多くなるのだろうか。

今日は一日こどもと公園にいたので、ストレッチついでにしようかなとも思ったけれど、スクワットとなると人の目が気になる。お風呂の前とかの時間帯に家でやるのがいいだろうか。

スクワット2

フォームも確認しながら。まだなんとなくしっくりこない。

スクワットチャレンジ1

どうしても30daysチャレンジに惹かれてたまらない。

・最近運動不足

・道具を使わないでできるやつ

・家でできるもの

・筋肉つけたい

・成果がみえるとうれしい

などを考えて、30dayチャレンジでオーソドックスっぽいスクワットをしてみることにした。他にもいろいろやってみたいことはあるものの、おいおいやれればと思う。

スクワットチャレンジには、”基本的に3日やったら一日休み、初日50回からはじめ毎日五回ずつ足していき、最終日は250回”!というメニューがあるらしい。これにそってやってみたい。

 

取り合えず day1 50回 やりました。

50回でも結構きついね!250回なんて出来るんだろうか。

『ゼロからトースターを作ってみた結果』1

久々に開放的な気分になっている。開放的、というのは、内にこもってやることをこなすことから少し離れて、面白いことやってみたいなということ。

本屋でこんな本を見つけたからだ。

うーん、面白そう。裏表紙をみると、原材料からトースターを作るという。こういうのワクワクする。

以前読んだこの辺の本と近そう。

 

翻訳者が『ダメ女たちの人生を変えた料理教室』を翻訳していた村井理子さんだったので、間違いないかな!と思い購入。(今見たらamazon unlimitedで0円でダメ女教室読めるみたいじゃない。わお。料理ができないことでコンプレックスを抱えた女性たちが著者の料理教室で自信をつけていくおいしそうなノンフィクション。おすすめ、ぜひ。)

一見時代に逆流したプロジェクトを遂行し、それを通して自分や時代社会を見直していく…そして皮肉のきいたおもしろおかしいブログ風語り口…。という感じかな、と想像して読み始めている。まだ途中なので、感想はまた。

困難そうなプロジェクトをやり遂げる、というのにとても憧れをいだく(いつだって30デイズチャレンジを完遂できない!)ので、わたしもなにかコツコツやってみたいぜという風に触発されたというわけです。

なにやろうかな。