スクワットチャレンジday7

続いてる。続いてるよ!7日目かな?今日は75回。

30回くらいなら続けてできるその先は苦しいーって言いながら。特に体の変化とかは流石にまだ感じないけれど、達成感があるので楽しい。これはたのしいし、なにか目標を続けるって、自信になりそうだなと感じた。この調子で楽しんでいけたらいいなあ。

スクワットチャレンジ day2

2日目。5回増やして55回のスクワットをした。

つづけて55回やるのは到底無理で、何回かに分けてやった。慣れてきたら続けてできる回数も多くなるのだろうか。

今日は一日こどもと公園にいたので、ストレッチついでにしようかなとも思ったけれど、スクワットとなると人の目が気になる。お風呂の前とかの時間帯に家でやるのがいいだろうか。

スクワット2

フォームも確認しながら。まだなんとなくしっくりこない。

スクワットチャレンジ1

どうしても30daysチャレンジに惹かれてたまらない。

・最近運動不足

・道具を使わないでできるやつ

・家でできるもの

・筋肉つけたい

・成果がみえるとうれしい

などを考えて、30dayチャレンジでオーソドックスっぽいスクワットをしてみることにした。他にもいろいろやってみたいことはあるものの、おいおいやれればと思う。

スクワットチャレンジには、”基本的に3日やったら一日休み、初日50回からはじめ毎日五回ずつ足していき、最終日は250回”!というメニューがあるらしい。これにそってやってみたい。

 

取り合えず day1 50回 やりました。

50回でも結構きついね!250回なんて出来るんだろうか。

『ゼロからトースターを作ってみた結果』1

久々に開放的な気分になっている。開放的、というのは、内にこもってやることをこなすことから少し離れて、面白いことやってみたいなということ。

本屋でこんな本を見つけたからだ。

うーん、面白そう。裏表紙をみると、原材料からトースターを作るという。こういうのワクワクする。

以前読んだこの辺の本と近そう。

 

翻訳者が『ダメ女たちの人生を変えた料理教室』を翻訳していた村井理子さんだったので、間違いないかな!と思い購入。(今見たらamazon unlimitedで0円でダメ女教室読めるみたいじゃない。わお。料理ができないことでコンプレックスを抱えた女性たちが著者の料理教室で自信をつけていくおいしそうなノンフィクション。おすすめ、ぜひ。)

一見時代に逆流したプロジェクトを遂行し、それを通して自分や時代社会を見直していく…そして皮肉のきいたおもしろおかしいブログ風語り口…。という感じかな、と想像して読み始めている。まだ途中なので、感想はまた。

困難そうなプロジェクトをやり遂げる、というのにとても憧れをいだく(いつだって30デイズチャレンジを完遂できない!)ので、わたしもなにかコツコツやってみたいぜという風に触発されたというわけです。

なにやろうかな。